臼蓋形成不全 RAO手術

こんにちは。
(順次、このページは拡充します)

臼蓋形成不全で股関節の寛骨臼回転骨切り手術(RAO手術)を受けることを検討されている方が、Webを検索して術前に一人でも本ページに辿り着いてくださることを願って、SNSではなくブログの記事を書きました。

まず、ネットで情報収集する時間を削ってでも、別なお医者様にレントゲン写真やCTスキャンの結果を見せてセカンドオピニオン・サードオピニオンを得るべきです。
あるお医者様の診察を受けて、将来のことを考えて手術を受けざるを得ないと判断したとしても、別なお医者様は手術を奨めず継続的なリハビリを奨めるかもしれません。もし今、特に支障なく歩けるのであればなおさら、必ずセカンドオピニオンを得てください。

最初のお医者様に手術を奨められたのであれば、セカンドオピニオンで手術を受けないことを奨めるお医者様や、あるいは別な術式を奨めるお医者様を見つけられると良いですね。
術式によって、入院期間の長さや、手術跡の大きさが異なります。また、術式によっては関節の位置が上にズレて片足だけ短くなるということを知りました。筋力が何年経っても戻らず、術前より悪い状態が固定された患者さんが多数いる執刀医も残念ながら複数いるようです。こういった情報を術前に得られたら良かったのですが… ネットの情報では如何とも判断し難いですが、術式の長所短所や評判の悪い執刀医の情報は股関節の専門医の間で共有されています。これがセカンドオピニオン・サードオピニオンを得るべきだと述べた一番の理由になります。

家族が村瀬鎮雄医師に診察していただいて臼蓋形成不全と診断され、同医師のRAO手術を受けました。
術後、手術を受けた足が短くなったこと、大腿骨亜脱臼の状態になったことから今後の回復に不安を感じているという状況です。

まだ手術から時間が経過していないため、手術自体の成否について述べることは避けたいと思いますが、術後に別なお医者様の診察を初めて受け、村瀬医師とは異なる見解を頂きました。術前にセカンドオピニオンを受けておけばよかったと前述のように後悔している次第です。

手術を受けようか迷っている方が、たとえ手術の準備に入ってしまっているとしても、別なお医者様のセカンドオピニオンを得られますように。私達の願いが、悩んでいる方に届くことを祈っております。ブログへコメント(投稿は非公開です)いただければ、遅くなるかもしれませんがお返事を差しあげたいと思います。

keyword: 臼蓋形成不全 RAO手術 村瀬鎮雄医師